工場内の予防保全・メンテナンス

 

ビニールハウス内の温度・湿度・CO2、照度

 

インフラの振動・傾き・温度分布

 
 

 

IoTトライアル・キットは、「原因が良く解らない」・「何が起こっているのか解らない」・「何処の何を測った良いのか解らない」これらの課題を解決

する為に「とりあえず測ってみる」を「安価・便利・簡単」に実現する事を目的に開発しました。

 その結果、「何処の何を測って、これ以上の値に達した場合、問題が発生する!」が特定できた場合、IoT技術を駆使した「センサー・ネットワーク」

への展開を可能としました。

 

 温度・湿度・気圧・加速度・ジャイロ・電流・電圧・カラ―・サーモグラフィイ・Co2・揮発性有機化合物・照度等の様々なデータ収集を行うセンサー

を用意し「未知なるデータ収集への挑戦」をお手伝い致します。

 

 

テキスト ボックス: 「未知なるデータ収集への挑戦」のシナリオ
 


   

 

ホームベース: STEP-2. センサーネットワークへ展開
テキスト ボックス: こんな使い方
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1.作機械、製造設備の振動解析、電流電圧監視、モーターの温度監視等・・・

 加速度センサーを用いて振動計測が可能です。X・Y・Z方向で発生する振動を的確に捕えます。机の上にセンサーを置いて人間の声の振動を検知する

 程、高感度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2.同じ機械の個体差検出・環境測定・・・

 気圧センサーは、数cmの高さの違いを気圧で計測できる程、高感度センサーです。サーモグラフィを用いると温度分布の測定ができます。

 加速度センサーで設置場所の振動伝達の違いや、気温・気圧・湿度・外来光・供給電圧の違い等、様々な環境の違いも測定できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3.傾斜や変位の測定

加速度センサーは、重力加速度を測定する事でX・Y・Z方向の傾きも検出できます。0.01°まで測定可能で100m先で1.7cm高さ変化の傾き

の変化も検出できます。カラーセンサーを用いて、水の濁度等の測定も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4.高さの測定。

気圧センサーでは、気圧から高さ(標高)を高精度で求める事が可能です。標高100m200mでは、1mの標高差で0.117hPaの気圧が変わり

ます。(標高1000mと1100mでは、0.109hPa/m)。気圧センサーでは0.0018hPaまで測定できますので、最小1.6cm(理論値)の高さ(気圧)

の差を比較する事ができます。また、カラーセンサーや照度センサーで河川の汚濁等も測定できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


5.ガスの測定。

Co2センサーは4008192ppmの濃度で測定、ホルムアルヒデトやトルエン、アセトン、エタノール等の揮発性有機化合物の濃度測定も可能です。

横巻き: 実証実験にご協力頂ける方を、大募集中です。
実証実験に必要なセンサー等を、一定期間無償提供いたします。

※恐れ入りますが、設置工事費や、実証実験に伴う費用の負担はできません。ご理解頂けます様お願い致します。
※実証実験用の器材には限りが有ります。お申込みはお早めにお願いします。
※実証実験の手段や結果、改善策等について共有させて頂きます。

お問い合わせ先:E-mail i2c@fec.co.jp 実証実験担当迄!!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実証実験で提供できるセンサー類は、各種センサーユニット、USBアダプター、スプリッタ、データロガーソフトです。LANケーブルやパソコン

は、含みません。

実証実験は、これらのセンサーを用いて、目的とするデータが収集し、活用可能であるか?を判断する為の物です。

この様なセンサーが欲しいや、実証実験終了後に、具体的な判断・制御・監視用のソフトを開発したい等のご希望があれば、是非、ご相談下さい

 

 

 

 

 

 

 

テキスト ボックス: 豊富なセンサー
 

 

 

 

 


当社では、20種類を超えるセンサーユニットの開発を行っております。その中で代表的なセンサーユニットをご紹介します。

センサーの通信速度は、Hi-SpeedHi-Speed/ standard両方対応の2種類があり、standardは、最大8ms/Dataの速度、Hi-Speed200μS/Data

データを収集します。Hi-Speedで接続した場合はstandardの速度のセンサーは接続できません。

 

ご要望に応じて御別開発も可能です、是非、ご相談下さい

 

※データ収集速度は、センサー感度やフィルタの設定値に依存し、200μS/Data8mS/Dataより遅い場合や同一データを収集する場合も有ります。

※各収納ケースは、イニシャルコストダウンの為、3DプリンタでABSを積層したケースです。

 

センサーの共通仕様は、こちら!!

 

 写真をクリックすると詳細仕様がご覧になれます